今日の出来事

今日、私が気になった出来事。

映画

松田翔太がアフロヘアに?「アフロ田中」実写映画化決定!

「ビッグコミックスピリッツ」(小学館)で連載中のマンガ「アフロ田中」シリーズが実写映画化されることが25日、明らかになった。主人公を俳優の松田翔太さん(25)、ヒロイン役をモデルで女優の佐々木希さん(23)が演じる。12年に公開予定。

 「アフロ田中」シリーズは、のりつけ雅春さんが埼玉県の架空の町、立華町の立華高校に転校してきたアフロヘアのキャラクター、田中広の日常を描いたギャグマンガ。02年から「ビッグコミックスピリッツ」で「高校アフロ田中」として連載が始まり、これまでに「中退アフロ田中」「上京アフロ田中」「さすらいアフロ田中」と続編が掲載されている。

 原作の大ファンだという松田さんが主人公の異色のキャラクター田中役でアフロヘアーに果敢にチャレンジする。また、09年に放送されたドラマ「0号室の客」(フジテレビ系)などを手がけた松居大悟監督がメガホンをとり、脚本は10年放送のドラマ「怪物くん」(日本テレビ系)などを手がけた西田征史さんが担当する。

 マンガ「アフロ田中」シリーズは、主人公・田中が立華高校に転校する場面から始まる。田中が高校を中退し、上京して就職し、仕事を辞め旅に出るまでを、「高校アフロ田中」「中退アフロ田中」「上京アフロ田中」「さすらいアフロ田中」とタイトルを変更して連載している。「高校アフロ田中」「中退アフロ田中」「上京アフロ田中」はそれぞれ全10巻を発行。なお、「さすらいアフロ田中」第3巻は28日発売予定。全シリーズでコミックスは累計360万部を売り上げている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110425-00000000-mantan-ent から引用

これは楽しみ♪

深田恭子 過激ベッドシーン噂は本当!?

ブログネタ
エンタメにゅ〜す_02 に参加中!
芸能界一のアゲマンと言われる深キョンが初の過激濡れ場に挑むと言われているのが映画【夜明けの街で】。

「人気俳優の岸谷五朗を相手に経験したことの無い過激ベッドシーンが披露されると言われている。(芸能プロ関係者談)」

興味深いのはどれだけ柔肌を晒すのかと言う点だ。マスコミの一部関係者にのみ配られたと言われるシノプシス(映画などのあらすじ)には過激描写が並んでいたという。以下は一部を聞き出したものだ。

「ホテルに入ったものの不倫関係になることを躊躇う岸谷に深田は自分からキスを迫る。ベッド岸谷を導いたが深田は服を一枚、一枚脱がせると赤い舌をウナジ、胸元、乳首に這わせ、執拗な愛撫を繰り返す。やがて深田は岸谷の股間に顔を埋め、頭を激しく上下させる。岸谷が絶頂に達しようとした瞬間、顔を上げ【私のなかでして】と哀願し自分の胸をはだけさせながら騎乗位で岸谷をレイプするかのように腰をグラインドさせる・・」

今回、深田と初めてラブシーンを演じる岸谷はウキウキ状態だと言う。

「説明するまでも無い。アゲマン情報が本当ならラブシーンをだけでも恩恵に預かれるはずだ。岸谷はどんな効果がでるのかワクワクしている。(関係者談)」
http://news.livedoor.com/article/detail/5501212/ から引用

この噂は本当かしら??

仲里依紗 映画「ハラがコレなんで」で妊婦役

ブログネタ
最新!芸能ニュース_59 に参加中!
女優の仲里依紗(21)が、今年(10年度)のブルーリボン賞監督賞を受賞した石井裕也監督・脚本の最新作「ハラがコレなんで」(今秋公開)で妊婦役に初挑戦する。自分のことより、他人のことを優先、現代社会で失われかけた「義理」「人情」を大切に生きる未婚の妊婦の物語だ。昨年、映画「ゼブラーマン―ゼブラシティの逆襲―」「時をかける少女」でブレークした若手女優が6本目の主演作に臨む。

 「焦ったり、慌てたり、しみったれた顔してんのは粋じゃない」

 「大丈夫。風向きが変わったら、その時にどーんといけばいい。今は気楽に待っておこうよ」

 仲が演じるのは、こんなことをサラリと言ってのけてしまう妊娠9か月の原光子。ポジティブ思考で自信に満ち、至ってマイペースな日々を送る女性だ。

 おなかの子の父親は不明。財産も底をつき、限界の状況にあっても、自分のことを後回しにして他人を助けようとする。昔かたぎで義理人情にも厚い“妊婦ヒーロー”。一風、変わった役どころだが、仲は「妊婦さんは本当に大変なのに、光子はそれを感じさせないくらいポジティブ。すごく元気をもらえる作品だと思う」と自信を見せた。

 タッグを組む石井監督は、2008年にアジアで最も期待される若手に贈られる「第1回エドワード・ヤン記念 アジア新人監督大賞」を受賞。昨年はベルリン国際映画祭フォーラム部門出品作「川の底からこんにちは」(満島ひかり主演)がロングラン上映され、満島との結婚も発表するなど、公私に注目を集めた。

 「前向きになれない時代。『前向きに生きてこう』と口で言ったら恥ずかしいけれど、とにかく前を向いて生きていかなくちゃいけない。それを映画にしたかった」と石井監督。テーマは「日本人の美意識、粋」という。

 仲は15キロの重りをおなかに装着して妊婦を疑似体験。未体験の役、主演の重圧からセリフが全く出てこないこともあったが、それを乗り越え、今は達成感でいっぱいだ。「(今までは)どれだけ長くても、セリフが出ないことは一度もなかった。考え過ぎて、自分の中でも格闘していた。がむしゃらでしたね」撮影を通じて、女優として一回り大きくなったようだ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110416-00000022-sph-ent から引用

これは注目ですね

  • ビービーラボラトリーズの通販比較口コミ
  • ヘレナ・ルビンスタインの通販人気ランキング
  • マックスファクターの通販濃い情報
  • メナード通販大特集
  • ランコムの通販情報の森
  • 溝端淳平 映画公開舞台あいさつ


    俳優の溝端淳平が2日、都内で公開中の主演映画「高校デビュー」の公開記念舞台あいさつを共演の大野いと、菅田将暉、AKB48の宮澤佐江らと行った。
     高校入学したスポ根少女と、モテるためのコーチを引き受けたイケメン男子の淡い恋を描く。溝端は、東日本大震災に触れ「こういう時期に公開されて、神様から“自分ができることをしろ”と言われたような使命感を感じる」と真剣なまなざしで語った。自身も春から高校生になる大野は「恋愛デビューしたい。遊園地でイチャイチャしたい」と顔を赤らめた。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110402-00000038-dal-ent から引用

    これは注目だね♪

  • ワインケーキの格安通販
  • ワッフルの激安通販サイト
  • スイートポテトの通販比較口コミ
  • クレープの通販お勧めはここ!
  • サバランの通販在庫
  • 黒木メイサ 織田裕二&伊藤英明『アンダルシア』のヒロイン

    ブログネタ
    芸能ニュース!_04 に参加中!
    黒木メイサが、先日織田裕二と伊藤英明の豪華共演が発表されたばかりの映画『アンダルシア 女神の報復』のヒロインに抜てきされた。昨年は木村拓哉主演の映画『SPACE BATTLESHIP ヤマト』で森雪を演じ、4月から放送される香取慎吾主演の月9ドラマ「幸せになろうよ」のヒロインにも抜てきされている黒木。今最も注目の女優といえる黒木は、興行収入36億7,000万円のヒットを飛ばした『アマルフィ 女神の報酬』、現在放送中のテレビドラマ「外交官 黒田康作」と続く同シリーズの劇場版第2弾となる『アンダルシア 女神の報復』で、事件を目撃したことにより物語のキーパーソンとなるエリート銀行員・新藤結花にふんする。

     今回が主人公の黒田康作を演じる織田、黒田と対立するインターポール捜査官・神足誠を演じる伊藤との初共演となる黒木。伊藤も今回の織田との共演には「ついに念願が叶いました」と喜びを語っていたが、「織田さんはテレビなどでずっと観てきた方。『アマルフィ』も観てきた作品」と話す黒木も、「まさかその作品に自分が出演できるとは思いませんでした。もちろんうれしさはありますが、最初は実感がわかず、実際に(撮影場所の)スペインに来てやっと実感した感じです」と興奮を隠せない。

     黒木が演じるスペイン在住のエリート銀行員・新藤は、プロデューサーの臼井裕詞いわく、「孤独と悲しみを秘めた一癖も二癖もあるミステリアスで難しい役どころ」。臼井は、「以前、スペインでフラメンコをしている姿を番組で見て、黒木さんが厳しい練習の中で自分を追い詰めていくストイックな感じが、役どころにピッタリと思いお願いしました。黒田シリーズではこれまで様々な女性が登場していますが、クールでユニバーサルな美しさを持つ黒木さんならば、スペインで孤軍奮闘する黒田康作を唯一支えることができると思います」と黒木に多大な期待を寄せている様子だが、黒木もそんな期待に応えるべく、スペイン語にも果敢に挑戦し、役づくりに挑んでいるという。

     黒木の出演も決まり、タイトルも前作との繋がりを感じさせつつ、前作からの一転もほうふつさせる『アンダルシア 女神の報復』に決定した本作は、スペイン北部に隣接する公国・アンドラで勃発した日本人投資家の殺人事件を調査する黒田康作(織田)が、遺体の第一発見者で何者かに狙われおびえるビクトル銀行行員・新藤結花(黒木)、黒田に捜査情報を隠そうとするインターポール捜査官・神足誠(伊藤)と関わり合いながら、事件の真相、国際犯罪の闇に迫っていく姿を描く。「外交官 黒田康作」シリーズに新たな風を吹き込んだ伊藤と黒木は、海外で活躍する“かっこいい日本人”の姿を映し出し、就職難にあえぐ日本に活力を与えてくれるかもしれない。

    映画『アンダルシア 女神の報復』は6月25日全国公開
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110307-00000002-flix-movi から引用

    黒木メイサかっこいいよね!!

  • ケサラン・パサラン の格安通販
  • ゲラン の通販情報の森
  • コーセー の最新売れ筋情報
  • コスメデコルテ 通販徹底比較
  • コフレドール を通販で調べました
  • 記事検索
    • ライブドアブログ